切っちゃった

2007.04.09

観察90日目。

20070409.JPG

この日記を付け始めてから約3ヶ月。
一緒に過ごしたちまめくんを切り離しました。

本当は100日目に切ろうと思っていたけど、手を洗うたびに
血豆がどんどん薄くなっていたから。

で、最初はこんな位置にちまめくんはいました。

20070113.JPG

この日記を付けて分かったことは、爪に血豆ができたとしても
そのままにしておけば、きれいになること。

たった3ヶ月で想像以上に爪は伸びる、ということ。

まぁ、2つも学べることがあったのでよかったのではないでしょうか。

これでこの日記を付けるのは、当分なくなります。
また血豆が出来たら、付け始めます。
(無理やり血豆を作る勇気はないよ。。)
posted by syuji at 22:15 | TrackBack(0) | 2007年

ギターで指に豆

最近は、趣味でやっていたギターを再開させました。

久しぶりに弾いたので、最初の頃は左手の指先がヒリヒリと痛かったです。
毎日弾いていると、少しずつ皮が硬くなっていき、今では豆になりました。

血豆ではありませんが、こんな感じです。

■ギターでできた指の豆
ギターで指に豆

これくらいになれば、長時間ギターを弾いても、ヒリヒリと指先が痛むことはありません。
きっと、ギターを弾いている人の指先は、みんなこんな感じになっていると思います。

そうなると、プロの人の指先は、どんなにすごいのだろう、と思ってしまいます。
posted by syuji at 19:52 | TrackBack(0) | 普通の日記

母親の手に血豆

昨日、母親の手を見たら、薬指に血豆ができていました。

何でできたのか聞いてみたら、ハサミを使っていたら、肉を一緒に挟んでしまった、とのこと。
赤く丸く膨らんでいて、かなり痛そうでした。
まさに血豆という感じ。

でも、母親はちょっと離れたところに住んでいるので、毎日観察することができません。
ちょっと残念。

僕もしばらくの間、血豆を作っていないので、この日記の更新はまだまだ先になりそうです・・・。
posted by syuji at 12:33 | TrackBack(0) | 普通の日記

久しぶりに血豆ができました

昨日、家の階段を昇っている最中、つまずいて左足の親指を強打。
ものすごく痛かったです。

少し経ってから、まだ痛みを感じたので、靴下を脱いでみたら、見事に血豆ができていました。
血豆を作ったのは、久しぶりです。

でも、血が赤黒く固まっていて、あまりキレイではないので、今回は観察日記は付けないことにします。
それほど酷くないので、1週間ほどで治ってしまうと思います。
posted by syuji at 19:27 | TrackBack(0) | 普通の日記

右足の中指に血豆

去年の年末のことですが、自宅のドアに右足を挟んでしまいました。

ものすごく痛くて、翌日になっても痛みは引きませんでした。
歩くことはできたけど、自転車をこぐ時に足先に力を入れると、非常に痛かったです。

そのうち治るだろうと思っていて、3日後くらいに患部を見たら、爪の中で出血していた血が赤黒くなっていました。
冬なのでずっと靴下を履いているし、足先なんてそんなにチェックしないから気付きませんでした…。

それに、忙しかったので、写真を撮ることもしませんでした…。
ちょっと後悔しています。
posted by syuji at 19:19 | TrackBack(0) | 普通の日記

青たん

昨日、部屋のドアに右足の中指を思い切りぶつけてしまいました。
ものすごく痛くて、足を見たら、血が出ていました。

こんな感じ。
20091117

血豆になるかなぁ、と思って写真を撮影しておいたけど、今日見たら青たんになってました。

ということで、この「血豆観察日記」を付けることはできなそうです。
でも、久しぶりに更新できてよかった。
posted by syuji at 17:13 | TrackBack(0) | 普通の日記

ツリーマン

この前、TBS「キミハ・ブレイク」を見ていたら、ツリーマンを特集していました。

このツリーマンというのは、インドネシアの男性。
原因不明の病気で、手足に木のようなイボができてしまう、という症状だった。

この病気の原因は、子供の頃に転んだ時にできた擦り傷に「ヒト・パピローマ・ウィルス」が侵入したこと。
普通なら、イボを作った頃には免疫がウィルスをやっつけてくれるのだけど、この男性はその免疫に異常があったために、ウィルスが全身で繁殖してしまったらしい。

最初にツリーマンの写真を見た時は信じられなかったけれど、世界にはこんな難病で悩んでいる人もいるということを知った。
もしも僕にあんなことが起こっていたら、と思うとゾッとする。

でも、ツリーマンは既に手術を数回受けていて、日常生活ができるまでに回復していたので、少し安心した。
僕の爪にできた血豆なんて、ちっぽけなものだ。
posted by syuji at 16:43 | TrackBack(0) | 普通の日記

爪の健康と病気

爪について調べていたら、爪を観察しているだけで健康状態と病気について、色々と調べられることが分かった。
以下にまとめておきます。

爪の伸びる速度
1日で約0.1ミリメートル伸びる。
ただし、全身の状態に影響を受けるため、健康状態によって変わる。

爪の色
健康な爪は透明。
ピンク色に見えるのは、下の血管が透けて見えているため。
爪の表面はなめらかでツヤがある。
白い半月状の部分は、爪の成長の速さを示している。

爪の色が変わると病気のサイン。
爪白癬(水虫)になると白く濁る。
症状が悪化すると、表面がデコボコになる。

白色爪
病気でもないのに、爪が白くなるのは白色爪。
爪の成長が完全ではないために起こる現象。

ただし、爪の下に小出血斑がある場合は、細菌性心内膜円による塞栓の可能性がある。

爪の縦線
爪の縦線は、栄養不足や動脈硬化の可能性がある。
ただし、年齢を重ねることでも縦線は増える。

横線や小さなへこみができた場合は、甲状腺機能低下症、腎臓障害(ネフローゼ症候群)、皮膚の扁平苔癬の可能性がある。
インフルエンザ、尿毒症、円形脱毛症になると、爪に横線やへこみができる場合もある。

爪のへこみ
爪がへこむ場合は、鉄欠乏性貧血の可能性がある。
主に女性に多い。
心配な場合は、血液検査を受けること。
レバーやあさり、ほうれん草などを多く食べること。

爪の盛り上がり
爪が盛り上がる症状は、ヒポクラテス爪。
肺気腫、肺繊維症、先天性の心臓疾患、肝硬変の場合にあらわれる。
posted by syuji at 19:41 | TrackBack(0) | 普通の日記

爪が折れました

2008.12.30

観察86日目。

20081230a

昨日、靴下を履こうとしたら、プチッという音が鳴りました。
嫌な予感がして足を見てみたら、血豆のある右足の小指の爪が折れてました。
だから、上の写真では、爪がキレイになってます。

折れた爪はこれ。
20081230

裏側はこれ。
20081230ura

血豆はもう潰れていて、血の跡がベローンと広がっている感じ。
かなり小さい物体を撮影しているから、携帯の接写モードで撮影しても、ちょっとよく分からないのが残念。

で、これでこの日記を書くのは、しばらく休止します。
また血豆ができたら、毎日観察をしたいと思います。
さて、いつになることやら。
posted by syuji at 19:09 | TrackBack(0) | 右足の小指の血豆

悲しい出来事

2008.12.29

観察85日目。

20081229

右足の小指の血豆は、あまり変化なし。

今日は昼間にちょっぴり悲しい出来事があった。
その瞬間はかなりびっくりした。
何でいきなりこんな風になっちゃったの、という感じ。

その詳細は明日、明らかになります。
この日記で発表します。

もう、何となく分かるよね・・・。
posted by syuji at 19:23 | TrackBack(0) | 右足の小指の血豆